Manager Director of Naitei Bridge

海外大学生向けセミナー

上:韓国国立安東大学校のサマーインターン生対象「日本での働き方セミナー」(2018/08/16・Yahooロッジにて)











昨年9月は、ベトナムの2つの大学にて、200名を越える現地の大学生のみなさまにセミナーを開催することができました。ありがたいことに、参加した大学生からアンケートという形で高い評価数字を頂いただけでなく、大学で彼らの教育に関わっている先生方からもご好評頂いたセミナーでした。











なぜ、日本の在留資格制度や就職マーケットの現状、日本での働き方についての生きた情報が評価されるかというと、これらの情報は、なかなか現地大学では提供が難しい上、日本側(つまり採用する日本企業や日本国内の教育機関)も人財に教育や説明ができていない情報だからです。送り出し側の教育機関、また受け入れ側の日本企業の間に、いわばストンと落ちてしまっている情報群だと言うことができます。











こうして、人財は日本での労働について、極めて基本的なこと(日本人が当たり前だとして意識していないこと)を知らないまま日本で働き始め、そのうちにだんだんとこの情報のギャップに苦しむようになります。日本企業で働く外国人スタッフの声に耳を傾けると、こういう小さな情報のギャップの集積が、採用された外国人財の企業内定着を著しく阻害している一因だということがわかるわけです。私たちは、こういうギャップを未然に防ぐために、海外大学、国内大学、大使館、学会、東京商工会議所、JETROなど、様々な場で、人財向けまた企業向けに、地道な情報提供を行っています。











今夏の安東大学校の大学生向けのセミナーには、日本での就労意欲が非常に高い方ばかりがご参加になり、引率のテ教授(博士)や学生の皆さまから、データの標準偏差や「居住者・非居住者」の違いについてなど、鋭い質問を頂く場面が多くありました。充実した2時間となったのも、インターンプログラムの主催である(株)ボイスの皆さまの情熱があったからこそだと思います。











彼らが彼ら自身の自己実現の場として日本という労働環境を選び、そのことで彼らの人生が少しでも豊かになることを、全く非力ではありますが、静かに願っています。











































Published By: Ichiro Asami

Published On: 17th August 2018