Manager Director of Naitei Bridge

外国人スタッフの生の声

今年の5/30(水) 、政府機関/NPO/プレス/行政書士事務所/企業/高度外国人財の皆さまと共に、社内コミュニケーション・プレアンケート報告会(Workplace comunication presurvey results)を開催しました。



当日は平日夜のお忙しい中、20名を越える皆様にご参加を頂き、外資を含む日本企業における、外国人スタッフと日本人スタッフとの間のコミュニケーションの課題や問題について考える機会を設けることができました。



今回の報告会では、20カ国70名以上の、日本で働いたことがある外国人の方々から集めたアンケートを分析し、公表しました。弊社では特に、ビジネスにおける外国人スタッフが抱えるコミュニケーション上の課題について、2010年より問題意識を持ってその情報収集に取り組んできたという背景があります。



外国人をどのような形や目的で採用しようとも、特に日本にある日本企業で外国人スタッフと日本人スタッフが共に働く場合、その多くのケースでコミュニケーションギャップが生じます。文化ギャップは空気のように見えないものですが、しかし「違和感」という形で感じることができます。その違和感を放置しておくと、意識のズレが広がり、場合によっては双方の不信感となり、業務効率が下がったり、果ては早期の退職に至るなど、本来の採用目的とは異なる結果を生むことがあります。



最近、メディアは留学生や外国人労働者の数を追いかけることで忙しそうですが、増える外国人スタッフのかげで、労働の質の問題が見落とされないようにしていきたいです。



Published By: Ichiro Asami

Published On: 23rd August 2018