Vision of Naitei Bridge

国際人財採用企業へのコンサルティング




国際人財自身がビザの知識を必要としていることと同様、採用企業側も、ビザの知識なくして国際人財の採用活動はできません。どの地域から、どの教育機関から、どのように国際人財を採用するのかで、採用の手法や必要な手続きが全く異なります。また企業の準備している業務内容と国際人財の有する専門性の関連性に基づいて法務省はビザを発給するため、その関連性について法務省へ説明する手続きも採用企業にとって必要になります。

内定ブリッジでは、国際人財の採用をこれから始められようとする採用企業の皆様に、それぞれの事業内容ごとに合う人財のコンサルテーションを行っています。また提携するビザ業務専門の行政書士と共に、国際人財が海外からでも国内からでも無理なくビザ申請ができるよう、企業の採用活動のサポートも行っています。

一方、既に国際人財を採用し、その定着を目指していらっしゃる企業の皆様には、人財定着のためのブリッジコミュニケーション研修(国際人財向け・日本人社員向け)をご提案しています。両者の文化ギャップを越え、円滑なコミュニケーションを可能にするためのアウトプット型社内研修を実施することで、双方の理解を深め、人財定着率の向上と業務の効率化を実現させます。