Vision of Naitei Bridge

国際人財への就労コンサルティング




日本国籍を持たない方々、日本語が母語ではない方々(国際人財)にとって、日本での就職にはビザ(在留資格)や日本特有の就職活動に関する知識などが必要であり、またそのシステムも決して単純ではありません。また、就職後も「文化のギャップ」が国際人財の日々の業務に深く関わってきます。内定ブリッジでは、一人ひとりの状況や希望を聞きながら個別にカウンセリングを行い、それぞれに必要な情報を提供することで、その人に合ったキャリアプランを提案しています。また就職後、国際人財が「文化のギャップ」を越えられるようサポートを続けています。