Manager Director of Naitei Bridge

Ichiro Asami

International Human Resourses Consultant


1年で40ヶ国400人を越える外国人の個別支援をする、国際人財就労支援のスペシ ャリスト

Summary

1979年、東京生まれ。

明治大学政治経済学部在学中、交換留学生の支援ボランティアや、保護観察中の少年少女 と接するボランティア活動(法務省提携)に携わる。

2009年、大手進学塾を退社後、2010年に日本語教育能力検定試験に合格し、留学生や外国人会社員等の日本語教育、ビジネス日本語教育を行う(7年でおよそ700名の国際人財、のべ国籍数60ヵ国、企業数40社)。

一方、2011年からは、業務委託を受けた日本語教育機関の留学生へ就労支援を開始。特に就職支援については、母国大卒大学院卒で数年の職歴を持つアラサーの「おとな留学生」(隠れた高度人材)を軸に、全国平均の6倍という就職率を2年続けて実現させる。

2017年、国際人財に特化して就職転職コンサルティングを行う「内定ブリッジ」を立ち上げる。留学ビザ、特定活動ビザ、技人国ビザ、家族ビザの人財への就労支援にとどまらず、配偶者ビザ、永住ビザ、高度専門職ビザ、文化活動ビザ、教育ビザ、研究ビザや企業内転勤ビザの方々への支援も行う。欧米、アジアを中心に、年間でおよそ40ヵ国500名以上の就労支援を行っている。

また、新規で留学生を受け入れたり、在学留学生への就職支援を行いたい留学生教育機関(日本語学校、専門学校、大学等)のコンサルティング、国際人財の採用と定着を進めたい企業の社内研修、大使館でのセミナー等も行っている。

高度国際人財に対する支援のありかたとして、旧来の「点の支援」ではなく、日本を経由して循環する国際人財側のニーズに合わせ、段階的な支援を行う「循環型支援」の必要性を提唱している。

About Ichiro

Born in Tokyo in 1979.

Ichiro was involved in volunteer work with both international students and with teenagers under probation (in a partner program with the Ministry of Justice) at the department of political economics, Meiji University.

After leaving behind his career at a major cram school in 2009, in 2010 Ichiro passed the Japanese Language Education Proficiency Test and started teaching Japanese language. During 7 years, he taught Japanese and Business Japanese courses to approximately 700 international students and employees, from 60 nationalities, working for 40 companies.

Meanwhile, in 2011, Ichiro started an employment support program for Japanese language school students, centered around “adult students” in their thirties that possess university, graduate degrees or long employment experience in foreign countries (hidden highly-skilled human resources). The program had a rate of employment 6 times higher than the average for a Japanese language school for 2 years in a row.