企業向け支援

外国人雇用企業向け支援

外国人雇用企業向け 3つのサービス

外国人受け入れ企業向けコミュニケーション研修

外国人受け入れ
コミュニケーション研修

採用した外国人スタッフとの上手なコミュニケーションの取り方が身に付く、日本人向けの研修です。

業務マニュアル、就業規則の整備の多言語化

業務マニュアル、就業規則の整備

字面を単に翻訳するのではなく、外国人がつまづく要因となる「日本語の背景情報」を補完した上で、各国語orやさしい日本語に翻訳するサービスです。外国人にとって、意味が分かるだけではなく、「腹落ちする」文章を作ります。

外国人受け入れ企業へのコンサルティング

組織変革
コンサルティング

外国人を受け入れるにあたり、ソフト面(日本人側の意識改革)とハード面(制度設計)を強化して、外国人スタッフが定着し戦力として活躍するための組織基盤を構築します。

外国人受け入れコミュニケーション研修

創業から現在に至るまで、日 本で働く外国人スタッフの方々の声を、企業現場で直接集めています。外国人採用を継続して行っ て来られた企業側の声も含め、双方の現場の声を生かして開発されたのが「外国人受け入れコミュニケーション研修」です。本研修では、外国人を受け入れる日本人スタッフが、外国人スタッフとの社内コミュニケーショ ンのために必要な知識と、実践的なコミュニ ケーションの方法を身につけることができます。

外国人スタッフがつまづく「文化コード」

左から階段を上がっているのが外国人スタッフです。
右で待っているのが日本人スタッフです。
外国人スタッフは、「学校で学ぶ日本語」から「オフィスの日本語」へアップデートさせるべく、もがきます。
しかし、そこには文化コードという大きな壁が立ちはだかります。文化コードとは、言葉の裏にある意図や文化、また商習慣や行動規範です。日本人同士のコミュニケーションでは意識すらしない壁です。
この壁を乗り越え、右側に到達するまでに多くの外国人は離脱してしまいます。もしくは到達できたとしても相応の年数がかかってしまいます。(初めから右側にいる外国人の採用競争は熾烈)

であれば、日本人が少しだけ階段を下りる、つまり外国人スタッフとコミュニケーションをとる際に、伝わりやすい日本語を用いることができれば、社内コミュニケーションは円滑になり、業務効率が上がります。
(もちろん外国人側には、引き続き日本語がレベルアップするよう努力してもらいます)

文化のギャップの正体がわかります

外国人との豊富なコミュニケーション事例を紐解きながら、実際に起きやすいコミュニケーションギャップの本質を理解することができます。
また、文化ギャップが生じたときの対応について、実践的にトレーニングができます。

外国人受け入れコミュニケーション研修の特徴①「文化のギャップの正体がわかります」
外国人受け入れコミュニケーション研修の特徴②「日本語の会話に潜むリスクがわかります」

日本語の会話に潜むリスクがわかります

「外国人にとってわかりにくい日本語表現」や「ミスコミュニケーションを起こしやすいビジネス場面」などを知ることができます。その上で、「伝わりやすい日本語」を使った指示や依頼などの具体的な表現方法を学ぶことができます。
これらは受講したその日から実際に使えるスキルです。

他国と違う日本の常識(外国人がつまずくポイント)がわかります

外国人を企業に定着させにくくしている原因は、コミュニケーションだけではありません。それは双方が前提としている常識や社会通念のギャップです。これらの知識を、後日外国人スタッフの社内フォローに役立てることができます。

外国人受け入れコミュニケーション研修の特徴③「他国と違う日本の常識(外国人がつまずくところ)がわかります」
具体的なテーマ(一例)
  • 外国人とコミュニケーションをとるときの注意点
  • 文化とコミュニケーションとの関係
  • 「空気を読む」とはどういうことか
  • 日本人のノンバーバルコミュニケーション事例
  • 日本語の特性と、コミュニケーション上の注意点
  • 伝わりにくい日本語とは何か
  • 日本人の日本語が伝わりにくくなる場面
  • 伝わりやすい指示・依頼の仕方
  • 外国人が理解したかどうかを確かめる方法(作業の手戻りを防ぐ方法)
  • ビジネスにおける日本人の感情表現の事例
  • 日本の会議の特徴と文化のギャップ
  • 外国人スタッフに伝えるべき労務知識   など
  • 本研修は、日本語で社内コミュニケーションをトレーニングする研修です。日本語がわかる方なら、参加者の国籍は問いません。
  • 日本人スタッフだけでなく、外国人スタッフも一緒に参加すると、互いの立場から気づきがあり、研修効果が高まります。
  • 外国人スタッフへのビジネス日本語研修は別途ご用意しております。そちらをご希望の方はその旨をお問い合わせください。

業務マニュアル、就業規則の整備

業務マニュアルや就業規則は、そのまま別の言語もしくはやさしい日本語にしても、あまり役立ちません。
その理由は、そもそも日本語で書かれた業務マニュアルや就業規則には、「日本人にとって当たり前なこと」が明文化されていないからです。そして、外国人スタッフがつまずくポイントはまさにここです。
原文をそのまま翻訳(またはやさしい日本語化)しても、字面が読みやすくなっただけで、本来の目的である社内ルールの伝達や業務方法の理解は促進されません。

<サービス詳細>

  1. 翻訳の前作業として、文字の裏に隠れている行動規範や意図、目的といった「日本人にとっては当たり前なこと」を言語化していきます。
  2. 情報が体系的に理解できるように、情報の順序を整理します。
  3. 最終的に、各国語や、やさしい日本語へ翻訳します。


※外国人スタッフにとってわかりやすいマニュアルなので、日本人の新人にもわかりやすいものとなります
※ゼロから就業規則を作成する場合も可能です。


組織変革コンサルティング

外国人を雇用する際には、企業として様々な準備が必要になります。
多くの企業は、まず外国人を採用して現場へ預け、受け入れ部署の日本人マネージャーと外国人スタッフは試行錯誤しながらなんとか業務を進めていき、時間をかけて戦力となっていきます。
そうして外国人雇用の勘どころを無意識的に掴んでいった企業が、2期目、3期目と外国人の採用を推し進めていきます。

しかし、外国人雇用に成功した企業の事例が目立つ一方で、社内コミュニケーションや育成に苦労し、外国人をうまく戦力化できずに離職してしまった企業が実際に多くあります。
成功した企業は何がよかったのか、失敗した企業はどこでつまずいてしまったのか。数多くの事例を検証して体系化することで、外国人をこれから採用する、もしくは既に雇用している企業を支援するのが本サービスです。

内定ブリッジの組織変革コンサルティングでは、組織のソフト(日本人側の意識改革)とハード(制度設計)の両面を強化し、外国人スタッフが戦力として活躍するための基盤を構築します。
支援領域は、外国人をこれから採用する段階から、雇用後の段階までをカバーしています。
外国人を受け入れる企業、もしくは部署単位での支援を実行します。

外国人雇用企業で起きている組織課題例
  • 面接時の日本語能力チェックは、面接官の印象で決める(チェックしてもJLPT程度)
  • 外国人の日本語レベルは人材会社に一任している

            ↓

配属後、日本語能力が思ったより低くて
業務に支障が出ている




  1. 外国人受け入れ部署に対するアンケート調査により、日本語の要求度を数値化する
  2. 外国人スタッフが実際に担当することになる業務内容と、その業務で必要な日本語について、4技能(読む/書く/聞く/話す)ごとにレベル感をヒアリングして可視化する
  3. 採用時の日本語要件を決める
  4. 応募者の日本語能力を自社で的確に測定する
  5. (日本語研修を導入する場合)日本語研修のゴールと方法を最適化し、研修効果を自社で測定する

導入事例

内定ブリッジの外国人雇用企業向け支援のクライアント

コラム