つながる日本語®人事コンサルティング

つながる日本語®人事コンサルティング

「つながる日本語®人事コンサルティング」は、外国人材を雇用する企業に対して、外国人材を採用・育成・戦力化するための土壌を整備するコンサルティングサービスです。


外国人スタッフを自社に定着させ、さらに戦力化するには、ソフト面(異文化理解など、個人の行動変容)以上に重要となるのが、ハード面(職場環境、制度設計などの組織変容)の見直しです。
つながる日本語®人事コンサルティングは、採用制度、異文化配慮、育成や評価制度の見直しなど、会社ごとの課題解決を推進します。

外国人を雇用する際には、企業として様々な準備が必要になります。多くの企業は、まず外国人を採用して現場へ預け、受け入れ部署の日本人マネージャーと外国人スタッフは試行錯誤しながらなんとか業務を進めていき、時間をかけて戦力となっていきます。そうして外国人雇用の勘どころを体感的に掴んでいった企業が、次の外国人の採用を推し進めていきます。

しかし、外国人雇用に成功したとされる企業の事例が目立つ一方で、社内コミュニケーションや育成に苦労し、外国人をうまく戦力化できずに外国人雇用をあきらめた企業が全国的に多くあることは、あまり知られていません。成功した企業は何がよかったのか、失敗した企業はどこでつまずいてしまったのか。数多くの事例を検証して体系化することで、外国人をこれから採用する、もしくは既に雇用している企業を組織として支援するのが本サービスです

内定ブリッジの組織変革コンサルティングでは、組織のソフト(日本人側の意識改革)とハード(制度設計)の両面を強化し、外国人スタッフが戦力として活躍するための基盤を構築します。支援領域は、外国人をこれから採用する段階から、雇用後の育成・定着段階までをカバーしています。外国人を受け入れる企業、もしくは部署単位での支援を実行しますが、あくまでゴールは外部に頼らず自走できる状況。その企業の(主に)人事総務スタッフが自分たちでツールを使いこなし、

外国人雇用企業で起きている組織課題例
  • 中身のよくわからないまま、JLPTなど、日本語レベルのわかるテストを応募条件に設定
  • 面接時の日本語能力チェックは、面接官の印象で決める
  • 外国人の日本語レベルは人材会社に丸投げ

            ↓

配属後、日本語能力が思ったより低く
業務に支障が出ている




【組織変革コンサルティング事例】

  1. 弊社の持つ測定ツールを用いた、外国人受け入れ部署に対するアンケート調査により、日本語の要求度を数値化
  2. 外国人スタッフが実際に担当することになる業務内容と、その業務で必要な日本語について、4技能(読む/書く/聞く/話す)ごとに可視化
  3. 採用時の日本語要件、採用後の育成要件を決定
  4. 応募者の日本語能力を自社で的確に測定
  5. (日本語研修を導入する場合)日本語研修のゴールと方法を最適化し、研修効果を自社で測定

お問い合わせフォーム


※当社からメールが届かない場合、迷惑メールとして振り分けられている可能性がありますので、迷惑メールフォルダもご確認ください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

コラム