文化ギャップのその先へ
外国人材とのコミュニケーションを難しくしている理由は、「外国人の日本語能力の不足」と「文化ギャップ」です。
外国人側は現場で活かせる日本語教育を受け、日本人側は外国人への指示やマネジメントのコツを学ぶことで、
お互いにストレスのないビジネスコミュニケーションが行えます
Scroll

内定ブリッジ株式会社の代表取締役 淺海一郎

内定ブリッジの理念

日本人と外国人の双方が、
「言語」「文化」「価値観」の違いを越えて
ともに働ける職場をつくる。
外国人を雇用する会社を誠実に支援してまいります。

代表取締役 淺海 一郎

外国人雇用企業のこんな悩みを解決します


外国人の日本語能力が低く、現場の日本人スタッフが困っている…

コミュニケーションが取りづらいため業務効率が落ちる

JLPT(日本語能力試験)は持っているが、ビジネスレベルの日本語ではない…

社内で働く分にはいいが、社外にはまだ出せない

外国人雇用企業のこんな悩みを解決します
タイプ別日本語研修

内定ブリッジの日本語研修は、単に仕事で使える日本語を教えるのではなく、日本人も言語化できていない文化や価値観を外国人に理解してもらいます。
また、現場で実際に求められる日本語能力を掘り下げ、予算内で最適な方法をご提案します。対面/オンライン、マンツーマン/グループなど、「目的」と「予算」の両軸から研修方法を検討し、実施します。

外国人を採用したのはいいが、定着せずに辞めてしまう

外国人を戦力化するための知見が社内になく、日本人も苦労している

日本人社員が外国人材とのコミュニケーションに苦労している

意思疎通がうまくできておらず、外国人が現場のお荷物になっている

内定ブリッジの日本人向け研修
外国人を受け入れる日本人向けの研修
受け入れ側日本人向け研修

外国人スタッフとの上手な日本語コミュニケーションの方法、外国人受け入れマインドの構築をストレートに学び、外国人を受け入れる部署もしくは会社全体で、外国人材を受け入れる準備を進めることができます。
「文化ギャップ」の本質を理解して、社内に戻ってからすぐに外国人との社内コミュニケーションが改善できる実践的な内容です。


NEWS